2019.4.4 05:02(2/2ページ)

阪神D1位・近本、初マルチ!難敵メルセ攻略「絶対に完封で負けられない」

阪神D1位・近本、初マルチ!難敵メルセ攻略「絶対に完封で負けられない」

特集:
2019新人情報
8回、2点適時打を放つ阪神・近本=東京ドーム(撮影・松永渉平)

8回、2点適時打を放つ阪神・近本=東京ドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 メルセデスは昨季、阪神戦に4戦2勝で防御率0・61の“虎キラー”だ。一回1死には左前打を放ち、プロ初のマルチ安打を記録。もちろん、ルーキーの近本は初対戦の左腕だったが「いいピッチャーです。でも僕、そういうの(過去のデータは)知らないので。きた球を打つ、ランナーがいたら返すだけ」とどこまでも頼もしい。3試合連続安打と、どんどん勢いは加速していく。

 既婚者として虎に入団。入寮はせず、鳴尾浜で行われた1月の新人合同自主トレも自宅から通った。そんなルーキーには、家庭的な一面も。プロ入り前、ある取材が西宮市内の大阪ガスグラウンドであったとき。各選手の取材が済んでいく中、近本だけは違う方向から姿をみせたという。

 「時間があったので、先に夜ご飯を作ってきました」

 夫人のために、ひと足先に家事をしてきた。10月のドラフト会議前日にはぎょうざとポトフを作った一家を支える亭主。応援してくれる人たちへ、倍以上の愛情を返していく。

 「(1打席目の)三遊間と、(2打席目の)ショートゴロ(記録は敵失)がきょうの中では一番よかったと思います。あれが思うようにいけたから、最後にも結果に出たのかなと」

 凡打の内容にもうなずいた。止まることはない。願った場所に向かって、近本は真っすぐに走る。 (竹村岳)

試合結果へ

  • 八回、メルセデス(左)から2点打を放った近本。虎キラーの完封を阻止してみせた(撮影・今野顕)
  • 8回、2点適時打を放った阪神・近本=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 1回牽制球に飛び出して2塁タッチアウトとなった阪神・近本=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 阪神・近本の5試合アットバット
  • 巨人・メルセデスの阪神戦登板成績