2019.4.4 05:02(1/2ページ)

阪神D1位・近本、初マルチ!難敵メルセ攻略「絶対に完封で負けられない」

阪神D1位・近本、初マルチ!難敵メルセ攻略「絶対に完封で負けられない」

特集:
2019新人情報
八回、メルセデス(左)から2点打を放った近本。虎キラーの完封を阻止してみせた(撮影・今野顕)

八回、メルセデス(左)から2点打を放った近本。虎キラーの完封を阻止してみせた(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人6-3阪神、2回戦、巨人2勝、3日、東京D)バットが砕けても、闘争心だけは真っ赤に燃えた。右手を目いっぱいに伸ばす。D1位・近本光司外野手(大阪ガス)が難敵メルセデスから2点打だ。満面の笑みで両手を突き上げ、宿敵を相手に堂々とファイティングポーズを取った。

 「ゼロできていて、絶対に完封で負けられないと思っていた。何としてでも、四球でもいいと思いながら打席に入っていたので。1点というのを入れたかったです」

 0-6の八回。上本、中谷ら代打陣が口火を切り、2死満塁で打席へ。粘りに粘った8球目。外角135キロに必死にバットを伸ばすと、バットは折れ、打球はふらふらと左翼前へポトリ。ゼロ行進が続いていたスコアボードに「2」を刻み込み、虎党のボルテージを一気に上げてみせた。

【続きを読む】

  • 8回、2点適時打を放つ阪神・近本=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 8回、2点適時打を放った阪神・近本=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 1回牽制球に飛び出して2塁タッチアウトとなった阪神・近本=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 阪神・近本の5試合アットバット
  • 巨人・メルセデスの阪神戦登板成績