2019.4.4 05:00

阪神D3位・木浪、初の先発落ち

阪神D3位・木浪、初の先発落ち

特集:
2019新人情報
1回、スタメンを外れベンチから戦況を見守る阪神・木浪=東京ドーム(撮影・山田喜貴)

1回、スタメンを外れベンチから戦況を見守る阪神・木浪=東京ドーム(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人6-3阪神、2回戦、巨人2勝、3日、東京D)D3位・木浪聖也内野手(ホンダ)が今季初めてベンチスタート。「悔しさしかないです」。ここまでの4試合では「1番・遊撃」で先発出場していた。この日は六回先頭で代打で出場したが、二ゴロに倒れて開幕から15打席無安打。「試合に出させてもらえているだけありがたいので、期待に応えられるように頑張るだけです」と気持ちを切り替えた。

「1番・遊撃」で今季初スタメン出場も4打数1安打の阪神・北條「1番の仕事ができなかったので流れを持ってこられず悔しい」

試合結果へ

  • 8回、内野安打を放つ阪神・北條=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 試合前練習巨人・坂本勇と話す阪神・北條=東京ドーム(撮影・松永渉平)