2019.4.3 08:00

【若松勉 芯打ち登場】潜在能力高いヤクルト打線

【若松勉 芯打ち登場】

潜在能力高いヤクルト打線

8回 2点適時二塁打を放つヤクルト・西浦=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

8回 2点適時二塁打を放つヤクルト・西浦=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト5-2DeNA、1回戦、ヤクルト1勝、2日、神宮)ヤクルト打線が集中力と反発力を見せつけた。阪神との開幕カードは貧打で負け越し、この日も八回に逆転された。普通ならシュンとなるところ。その裏、一気に巻き返すのだから、打線の潜在能力は、やはり高い。

 勝ち越しの2点二塁打を放った西浦は、スタメンで出られなかった悔しさを、晴らすかのような打撃だった。内角から入ってくるスライダー。引っ張ってしまえば、内野ゴロで、おあつらえむきの併殺コース。これを素直に、芯で捉えることだけを考え、中越えへ。持ち前の勝負強さを発揮した。

 技術の高さを見せつけたのは、青木。四回、逆風の中、外角へ逃げていくチェンジアップを、流し打って左越え本塁打。ボールの中心を、バットの真芯で捉えたら、ラインドライブがかかってしまう。ボールの中心から、やや下をたたいたからこそ、スタンドまで届いた。さすが、と言うしかない。

 坂口の離脱で、ポッカリ空いた1番には、荒木が起用された。その荒木が八回に安打で出て、4得点につなげる。好循環も生む、価値ある勝利だった。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ