2019.4.2 05:03

「令和」もカープ時代!平成元年生まれの広島・野村、ナゴヤで3日竜斬り

「令和」もカープ時代!平成元年生まれの広島・野村、ナゴヤで3日竜斬り

令和でも黄金時代を築く。平成元年生まれの野村が新元号を歓迎した

令和でも黄金時代を築く。平成元年生まれの野村が新元号を歓迎した【拡大】

 カープの時代じゃ! 広島・野村祐輔投手(29)ら先発投手陣は1日、マツダスタジアムでの指名練習中に新元号「令和」が飛び込んできた。3日の中日戦で先発する野村祐輔投手(29)は「カープらしい言葉」と笑顔。チームとしてナゴヤドームは2年連続で負け越し中だが、令和元年のペナント制覇へ、弾みをつける。

 黄金期は令和でも-。平成に生まれ、平成を彩った鯉の男たちが、新元号での飛躍を約束した。

 「ブルペンにモニターがあるので、投げ終わった後に見ましたよ。令和ですか!? 和もありますし。カープらしい言葉ですね」

 平成元年生まれで、3日に先発する野村が胸を熱くした。午前11時に指名練習がグラウンドで始まり、11時15分過ぎに佐々岡投手コーチとベンチ裏のブルペンへ移動。ブルペン投球後、モニターで菅官房長官が発表する瞬間に立ち会えた。「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という令和に込められた意味をかみしめ、広島の“ファミリー”さと重ね合わせた。

 また、4日に投げる平成5年生まれの岡田は「新しい元号になる。しっかり(ナゴヤドームで)投げて、(帰って)来られるようにしたい」と力こぶ。そして、グラウンドで用意された特大色紙に黒のサインペンで「令和」と書き、大型ビジョンを背景に菅官房長官ばりにアピールした。

 昨季限りで兄貴分だった新井が引退。オフに丸が巨人にFA移籍するなど明らかな戦力ダウンはあった。しかし、どんな苦しいときも、チーム一丸となり、ファンとともに助け合うのが広島だった。そして、昭和でも、平成でも黄金時代を築いた。令和になってもカープの野球を貫くだけだ。

 「平成が終わるんですよね。令和元年。元年っていいですよね」

 野村がしみじみと語る。ナゴヤドームは昨季3勝9敗で2年連続で負け越し。スッキリとした気分で新元号を迎える。 (柏村翔)

  • 岡田は色紙に「令和」と力強く書いた