2019.3.31 12:55

ロッテ・藤原、開幕3戦目で初めてスタメン外れる 井口監督「きょうは途中から」

ロッテ・藤原、開幕3戦目で初めてスタメン外れる 井口監督「きょうは途中から」

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=が31日、楽天との開幕3戦目で初めてスタメンを外れることになった。

 井口監督は試合前に「きょうは岡が1番。藤原は育成プランも含めて、休ませながら1年間やっていこうかなと。きょうは途中からという形になります」と話した。

 29日の開幕戦では、1965年の山崎裕之以来、球団(前身を含む)54年ぶりとなる高卒野手の開幕スタメン。さらに七回の第4打席に遊撃への内野安打を放ち、プロ初安打をマーク。2013年の日本ハム・大谷(現エンゼルス)らに並び、球団では史上初の高卒新人で開幕戦に安打を記録した。

 前日30日にも「1番・中堅」で2試合連続の先発出場。4打数0安打に終わっていた。