2019.3.30 20:13

巨人・炭谷、移籍後初先発「先制点を与えないようにリードできた」

巨人・炭谷、移籍後初先発「先制点を与えないようにリードできた」

3回、広島・田中の二盗を阻止する巨人・炭谷=マツダスタジアム(撮影・福島範和)

3回、広島・田中の二盗を阻止する巨人・炭谷=マツダスタジアム(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・リーグ、広島2-5巨人、2回戦、1勝1敗、30日、マツダ)巨人の炭谷が移籍後初めて先発マスクをかぶった。バッテリーを組んだヤングマンを好リードで勝利に導き「立ち上がりコントロールが悪かったが、先制点を与えないようにリードできた」と満足そうに話した。

 バットでは3打数無安打だったが、三回には田中広の二盗を強肩で刺すなど、守備で存在感を発揮した。

ヤングマン(6回1失点で1勝目)「自分の投球ができて、チームが勝ったことが大きい」

坂本勇(九回に2年ぶりに犠打をマーク)「一発で決まった。点が入って良かった」

丸(3四球を選んで2得点)「安打は出ていないけど、我慢しながらつなげていけば得点につながる確率が高くなる」

試合結果へ