2019.3.29 23:01

阪神・メッセは7回1失点 サヨナラ勝ちに満足感「これ以上ない仕事ができた」

阪神・メッセは7回1失点 サヨナラ勝ちに満足感「これ以上ない仕事ができた」

先発の阪神・メッセンジャー=京セラドーム大阪(撮影・山田喜貴)

先発の阪神・メッセンジャー=京セラドーム大阪(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2x-1ヤクルト=延長十一回、1回戦、阪神1勝、29日、京セラ)阪神のメッセンジャーは7回1失点。日米通算100勝は持ち越しとなったが、5年連続の開幕戦先発で持ち前の粘りを発揮し、サヨナラ勝ちにつなげ「チームに勝つチャンスを与えられたという意味では、これ以上ない仕事ができた」と満足感を口にした。

 一回、いきなり連打を浴び、山田哲に中前に打ち返されたが、近本の本塁好返球に救われた。四回に犠飛で1点を先行されても追加点を許さず、球団では小山正明、江夏豊に並んで最多となった6度目の大役の責任を果たした。

桑原「しっかり抑えられて、勝ちが付いたので良かった」

ジョンソン(来日初登板で無失点)「ファンの大声援にパワーを感じた。自分の仕事ができた」

ドリス(九回を抑え)「すごくいい試合だった。最初の勝利は大きい」

阪神・金村投手コーチ(無失点の救援陣に)「慣れている投手たちだが、やっぱり開幕戦は違う。ゼロでいってくれたのはすごい」

阪神・浜中打撃コーチ(鳥谷に)「まだまだ欠かせない」

木浪(新人で先発出場して無安打)「緊張した。まだまだかなと思う」

梅野(好守と好リード)「一つ(試合を)取れたのはすごく大きなこと」

試合結果へ

  • 1回、ヤクルト・バレンティン(奥)を内野ゴロの併殺に打ち取った阪神・メッセンジャー=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)
  • 先発の阪神・メッセンジャー=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 3回、送りバントが併殺打となり悔しがる阪神・メッセンジャー=京セラドーム大阪(撮影・山田喜貴)
  • 4回、マウンドのメッセンジャーのもとへ集まる阪神ナイン=京セラドーム大阪(撮影・山田喜貴)
  • 6回、近本の適時三塁打で生還した木浪とハイタッチする阪神・メッセンジャー=京セラドーム大阪(撮影・山田喜貴)