2019.3.29 05:04(1/2ページ)

阪神D1・近本&D3・木浪、新時代出撃!新人コンビが矢野虎元年飾る

阪神D1・近本&D3・木浪、新時代出撃!新人コンビが矢野虎元年飾る

特集:
2019新人情報
ダイヤモンドをかき回せ! 2番・近本がダッシュで感触を確かめる(撮影・山田喜貴)

ダイヤモンドをかき回せ! 2番・近本がダッシュで感触を確かめる(撮影・山田喜貴)【拡大】

 新元号の虎を引っ張るのは俺たちだ! 29日、セ・パ両リーグで同時開幕する。ヤクルト戦に臨む阪神は京セラドームで全体練習をした。球団新人史上初の開幕1、2番を任されるドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=と同1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=は強心蔵発言。打って打って、打ちまくれ!

 新時代をフレッシュに彩る。矢野監督の下、タテジマに袖を通し、開幕スタメンに名を刻むまで成長した。ここからが、本番。リードオフマンを託される木浪が誓った。

 「当日にならないとわからないですけど、緊張すると思うので、準備をしっかりしたいと思います。(対小川について)イメージできています」

 午後1時すぎ、決戦の地である京セラドームで最後の調整が始まった。シートノックでは遊撃に入って、軽快な動きをみせた。フリー打撃では45スイング。オープン戦で12球団の新人トップとなる打率・373を残した勢いそのままに「1番・遊撃」でデビューする。

 「2番・中堅」が決定している近本は「不安というのを考えるのはあまりよくないと思うので『不安はないですか?』と聞かれたら『ないです』と答えます。あまりプレッシャーとか、緊張はない」と言いきった。

 虎の新人2人が開幕1、2番を務めるのは球団史上初(スタメンに新人2人は1972年の中村勝広、望月充以来47年ぶり)で、ともに安打を放ち勝てば、これも初となる。木浪は近本について「自分より足を生かせるという意味で心強い」と話す。心蔵に毛が生えているとはこのことだ。

【続きを読む】

  • 新元号の虎、引っ張ってや!リードオフマンを託される木浪が決戦の地で快音を鳴らした(撮影・門井聡)
  • 練習に臨む阪神・近本=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)
  • 打撃練習に臨む阪神・近本(奥)と木浪=京セラドーム大阪(撮影・山田喜貴)
  • 守備練習をする阪神・木浪=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)