2019.3.29 08:00

【小早川毅彦のベースボールカルテ】新人王予想 セは広島・小園、パはオリ・頓宮

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

新人王予想 セは広島・小園、パはオリ・頓宮

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ
広島・小園

広島・小園【拡大】

 近年に比べて、今年は多くの新人が開幕スタメンや開幕ローテーションを勝ち取った。今年も日本一早い新人王予想をやっておきたい。

 セ・リーグはあえて広島・小園(報徳学園高)を推す。ポジションは違うものの、丸(現巨人)が抜けた穴を埋める一番手だと思うからだ。阪神の近本(大阪ガス)と木浪(ホンダ)もいい。柔らかな打撃に加え、小力がある。

 新人といえば、「いいものは持っているが、プロとしてはまだまだ」というのが普通。しかし、彼らは体ができている。プロのスピードにも対応し、ひ弱さ、もろさを感じない。阪神勢はともに大学、社会人を経ての入団だからわかるが、小園は高卒だから驚く。

 高卒1年目野手の新人王は、1988年の立浪和義(PL学園高-中日)が最後だ。当時は私も現役。中日戦で出塁した際、一塁を守る落合博満さんに高校の後輩について「どうですか?」と尋ねたことがある。答えは「1年間もつかなあ」だった。乗り切った立浪は立派だったし、小園の体の強さは立浪以上だ。

 問題は出場機会。同じ遊撃手の田中広は余程のことがないと外せないから、現時点では実力で奪うしかない。しかも、緒方監督は小園を遊撃以外で使わない方針という。とはいえ、丸の穴が埋まっていないチームに、2軍で経験を積ませる余裕があるかどうか。

 パ・リーグはオリックス・頓宮(とんぐう、亜大)のパンチ力に魅力を感じる。チームには左打ちの吉田正がいて、右打ちの大砲は貴重。楽天・辰己(立命大)も出番が多くなるだろう。ロッテ・藤原(大阪桐蔭高)は小園と同じく、思い切りのよさが武器。外野陣を見渡すと出場機会は多くなりそうで、チームにも恵まれた。

 候補に、これだけ多くの野手の名前が挙がる年は珍しい。即戦力投手のDeNA・上茶谷(東洋大)、巨人・高橋(八戸学院大)、ソフトバンク・甲斐野(東洋大)、西武・松本航(日体大)らとの争いになるのではないだろうか。村上、塩見のヤクルト勢ら、2年目の野手にも楽しみな候補がいるものの、個人的にはルーキーたちに注目したい。 (サンケイスポーツ専属評論家)