2019.3.29 23:27

ロッテ・石川は六回途中4失点「全体的には良かったと思うが…」

ロッテ・石川は六回途中4失点「全体的には良かったと思うが…」

6回、楽天・ブラッシュに勝ち越しの適時打を放たれ、ガッカリのロッテ・石川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)

6回、楽天・ブラッシュに勝ち越しの適時打を放たれ、ガッカリのロッテ・石川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ5-4楽天、1回戦、ロッテ1勝、29日、ゾゾマリン)ロッテの石川は6年目で初の開幕投手を務め六回途中4失点で降板した。2-2の六回、ブラッシュに2点適時打を浴びて106球で降板。「全体的には良かったと思うが、あの回だけかな」と首を振った。

 二回にウィーラーに2ランを許した後は、落ち着いてアウトを重ねていただけに悔やまれる投球だった。井口監督は「先発を任せた以上は六回までと思った」と期待の大きさを口にした。

試合結果へ