2019.3.29 05:04(1/2ページ)

星稜・林監督怒…習志野サイン盗み疑惑、前代未聞の敗戦後乗り込み“抗議”/センバツ

星稜・林監督怒…習志野サイン盗み疑惑、前代未聞の敗戦後乗り込み“抗議”/センバツ

敗戦後の星稜・林監督(右)は不満げな表情。この後、“抗議”を行った。左は奥川(撮影・須谷友郁)

敗戦後の星稜・林監督(右)は不満げな表情。この後、“抗議”を行った。左は奥川(撮影・須谷友郁)【拡大】

 第91回選抜高等学校野球大会第6日(28日、甲子園球場)第3試合の2回戦で、星稜(石川)の林和成監督(43)が1-3で敗れた試合後、対戦相手の習志野(千葉)の小林徹監督(56)に直接抗議する異例の事態があった。林監督は「サイン盗みがあった」と主張し、習志野の控室にまで出向き「フェアじゃない」と強い口調で訴えた。習志野の小林監督はサイン盗みを否定。審判団は、不正行為は確認できなかったとした。

 しびれる接戦を終え、すがすがしさが残るはずの試合後の取材ルームに、張りつめた空気が流れた。敗れた星稜・林監督の胸に渦巻いていたのは、憤りだった。

 「二塁走者がサインを出していた。それは(習志野の1回戦の)日章学園戦からずっとだった。これはもうフェアじゃない。問題提起したい」

 報道陣にこう話したあと、事件は起きた。林監督は習志野の控室へ向かい、敵将・小林監督に直接抗議。無視を決め込まれ、一度は引き下がったが収まらず、「(問題行為の)ビデオを見せましょうか」と再抗議する前代未聞の事態となった。

 林監督が指摘したのは、習志野が初めて二塁に走者を置いた四回1死の場面。4番打者の打席中、二塁走者が打者に球種を伝達していると、捕手・山瀬を通じて北田球審に訴えた。さらに、1-1の同点とされてなお2死満塁の場面では、8番打者が初球をファウルにしたあと、林監督自身が「セカンドランナー!!」と声を張り上げ、審判団に抗議した。

 審判団はそこで4人が集まって協議したが、そうした行為はなかったとした。大会審判員の窪田哲之副委員長は「サイン盗みは判断できなかった。現段階で、『ない』というのが最終結論」と話した。

【続きを読む】

  • 四回、4番打者の打席で星稜の捕手・山瀬は球審に申し出(撮影・水島啓輔)
  • 同じ回、8番打者の打席では審判が集まって確認した(撮影・水島啓輔)
  • 先発の星稜・奥川=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 1回が終了し、笑顔でベンチに戻る星稜・奥川(右)と山瀬=甲子園球場(撮影・須谷友郁)
  • 先発の星稜・奥川=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 1回、笑顔でベンチに戻る星稜・奥川=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 先発の星稜・奥川=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 4回、習志野・竹縄に同点打を浴びる星稜・奥川=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 2回生還し、ナインとハイタッチする星稜・山瀬(左)=甲子園球場(撮影・須谷友郁)
  • 4回、同点打を許した星稜・奥川=甲子園球場(撮影・岡田茂)