2019.3.28 05:04(1/2ページ)

29日開幕見返したる!阪神・矢野監督、低評価順位予想に「おもろいやん」

29日開幕見返したる!阪神・矢野監督、低評価順位予想に「おもろいやん」

全体練習を見守る矢野監督。低評価の順位予想にも余裕の笑みだ(撮影・松永渉平)

全体練習を見守る矢野監督。低評価の順位予想にも余裕の笑みだ(撮影・松永渉平)【拡大】

 下馬評覆したるわ!! 阪神は27日、京セラドームで全体練習を行った。矢野燿大監督(50)は評論家陣の“低すぎる下馬評”を大歓迎。阪神をBクラスにするなど低評価連発の順位予想について「当たることないやん。おもろいやん」と言い切った。昨季リーグ最下位で今年のオープン戦でも11位に終わったが、29日から始まるペナントレースで見返す。

 これからまさに、セ界をひっくり返そうとする男だ。何をささやかれ、ウワサされても、すべてが矢野監督にはパワーの源だった。低評価、ドンと来い! 開幕直前の恒例行事、評論家陣の順位予想でBクラス連発でも、構わなかった。それらを一丸で蹴散らす秋が、今から楽しみだ。

 「順位予想なんて当たれへんでしょ? 当たることないやん、俺も当たったことないで? だから、逆に下におったらおもろいやん」

 親しいあの人も、偉大なあの方も-。みな軒並み手厳しかった。現在の自軍への下位予想に、否めない点があることは分かっている。昨季は17年ぶりに最下位。今春のオープン戦でも5勝11敗1分けで、25日の最終戦で最下位を免れるのがやっとで、順位もチーム打率・227も11位だった。

 それでも「別に、下に見てくれる分には、覆したときの反動が大きいわけやから。それは楽しみやし」と言い切った。意地や、強がりからの言葉ではない。どれだけ低く見られようが見返すチャンスは必ず来るはずだと、体に流れる熱い血も、そう言っている。

【続きを読む】

  • 練習を見守る阪神・矢野監督=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 打撃練習する阪神・糸井=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 打撃練習する阪神・木浪=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 打撃練習する阪神・近本=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • キャッチボールする阪神・西=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)
  • ロングティーする阪神・大山=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 必勝祈願のため広田神社を参拝する阪神・矢野監督=兵庫県西宮市の広田神社(撮影・松永渉平)
  • 広田神社を参拝する阪神の選手ら=兵庫県西宮市(撮影・門井聡)
  • 広田神社を参拝し、必勝祈願する阪神・矢野監督=兵庫県西宮市の広田神社(撮影・松永渉平)
  • 広田神社を参拝し、御神酒を受ける阪神・矢野監督(左)=兵庫県西宮市(撮影・門井聡)