2019.3.28 08:00

【サンケイスポーツ評論家ペナント大予想】セ優勝は積極補強の巨人

【サンケイスポーツ評論家ペナント大予想】

セ優勝は積極補強の巨人

 プロ野球は29日、セ、パ両リーグの公式戦が開幕する。新元号最初のシーズンを制するのはどのチームか。サンケイスポーツ専属評論家6氏は、セは4氏が巨人の5年ぶり、パは5氏がソフトバンクの2年ぶりの優勝奪回を予想した。

★江本孟紀 巨人Vへの意欲感じる

 1月末の『日本一早い順位予想』と同じ。巨人からは、読売グループ挙げてのV奪回への意欲が、ひしひしと伝わってくる。打線は丸が加入したことで、芯ができた上に、前後を打つ坂本勇、岡本にも相乗効果が見込める。1番から4番は変えず、6、7番にその都度、調子のよい者を置く。そういうシステムを確立すれば、チーム内の競争も激化して、好循環も生まれるよ。3位以下の予想には決め手なし。気を抜くと最下位に沈む危険性が、どのチームにもあるね。

★若松勉 燕はリリーフ陣次第

 巨人打線は相手にとって脅威だろう。丸はオープン戦でも期待通りの打撃を披露していたし、移籍3年目の陽岱鋼も鋭いスイングを取り戻した。これだけ補強を続けてきたのだから、今年優勝しなければ駄目…ともいえる。対抗はヤクルト。もともと打線は引けを取らない上に、2年目の村上が台頭し、バラエティーに富むオーダーになった。ただ、昨年まで奮闘した石山、近藤らのリリーフ陣が、オープン戦で不調だったことが気がかり。そこを整備できれば優勝争いも可能だ。

★小早川毅彦 全球団チャンスある

 3連覇した実力と、OBとしての願望込みで広島を1位としたが、全球団にチャンスがある。広島は攻守ともに丸の穴が埋まらない。巨人とのオープン戦で本拠地のファンは丸に拍手を送っていたが、シーズンが進むにつれて、そんな余裕はなくなるのではないかと思っている。丸が移籍した巨人は試合終盤の投手が不安で、投打ともに外国人選手の調子次第。昨季2位のヤクルトは、投手陣の名前は簡単に挙がるものの、成績が伴わないので5位にした。阪神も投手陣に決め手を欠く。

★大久保博元 Gチームの士気が鍵

 チームの士気を上げることが最大の作戦だと思っている。なので新体制で迎える巨人が筆頭だ。経験豊富な原監督をはじめ、コーチ陣もほぼ生え抜き。「ちっちゃなことは気にするな」と言える首脳陣によって、選手は伸び伸びとプレーできるだろう。高橋前監督が悪いのではなく、選手からいきなり監督というのはかわいそうだった。広島は勝ち方を覚えたので、丸が抜けても大きく成績が下がることはない。ヤクルトは選手から声が出ていて、今年もやるな、というものを感じる。

★野村弘樹 丸の加入がプラスに

 巨人にとって、広島から丸が抜けたことだけでもプラス材料。その丸を獲得し、4番・岡本の成長もあって得点力は確実にアップしている。個々の選手を見ると、強いなと感じる。それでも広島は、丸の穴を周囲が埋めそうな雰囲気があるので2位とした。鍵を握るのは、今年も開幕ローテ候補が出遅れることになったDeNA。力でローテを勝ち取ったのが今永だけでは不安だ。打線はソト、宮崎、筒香、ロペスが健在なので、先発陣の頑張り次第ではAクラスも十分にある。

★真中満 DeNA得点力健在

 投手陣の駒の多さと安定感、層の厚さでDeNAを推す。石田の出遅れは心配だが、今永が復調し、抑えの山崎がしっかりしている。昨季本塁打王のソト、宮崎、筒香、ロペスと続く打線も、かなりの得点力が期待できる。リーグ4連覇に挑む広島は大瀬良、ジョンソン、野村に続く先発陣が心もとない。中崎ら救援陣も3年間フル回転した疲労が心配だ。打線は丸が抜け、1、2番の出塁率がカギを握る。巨人は菅野以外の投手、特に中継ぎが確立されていないので評価を下げた。