2019.3.27 05:03(1/2ページ)

日本ハムD1・輝星、4・3公式戦初先発も!入団後最速148キロ…力押しで2回3K1失点

日本ハムD1・輝星、4・3公式戦初先発も!入団後最速148キロ…力押しで2回3K1失点

特集:
2019新人情報
七回に死球を与え、球審に注意される吉田輝(右)。ただ、全体的にはまずまずの内容だった (撮影・加藤圭祐)

七回に死球を与え、球審に注意される吉田輝(右)。ただ、全体的にはまずまずの内容だった (撮影・加藤圭祐)【拡大】

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農高=が26日、イースタン・リーグ、ロッテ戦(ロッテ浦和)に2番手で六回から登板し、2回33球を投げて3安打1失点だった。4度目の実戦登板でプロ入り後の最速を2キロ更新する148キロを計測。自慢の直球を軸に3三振を奪った。次回は4月3日の同、巨人戦(鎌ケ谷)で公式戦初先発する可能性が出てきた。

 1週間前とは別人だった。プロ入り後、最速の148キロをマーク。自己最速152キロを誇る吉田輝が、武器とする力強い直球を取り戻した。

 「登板前からストレート勝負で打たれたら仕方ないという気持ちでいった。ストレートは通用してよかった」

 六回は無失点。七回は先頭の松田に変化球が抜けて頭部死球を与え、無死一、二塁から安田に中前適時打されたものの、最後は香月を空振り三振に仕留めた。

【続きを読む】

  • 日本ハム・吉田輝の投球結果
  • 六回から登板した日本ハム・吉田輝星=埼玉県戸田市(撮影・加藤圭祐)