2019.3.26 08:00(1/4ページ)

【プロ野球順位予想】星野伸之氏、オリは台風の目!

【プロ野球順位予想】

星野伸之氏、オリは台風の目!

開幕投手の山岡(右)と強肩捕手の若月。星野氏はオリックスの“バッテリー力”に期待した

開幕投手の山岡(右)と強肩捕手の若月。星野氏はオリックスの“バッテリー力”に期待した【拡大】

 セ・パ両リーグの開幕まで、あと3日。サンケイスポーツ専属評論家による順位予想と、各球団担当記者による展望を、2回に分けて紹介する。今回はパ・リーグ。通算176勝を挙げた星野伸之氏(53)はソフトバンクを1位に、オリックスを“対抗”に推した。(あすはセ・リーグ)

 順位予想するにあたり捕手をキーポイントに設定した。しかも配球よりも強肩の部分を重視したい。昨年セ・パを制した広島、西武は打力も素晴らしかったが、実は機動力がフルに機能して勝負を制したとみている。逆に相手の特性を殺せれば、一気に優位に立てる。昨年の日本シリーズが象徴的。広島の足の前に甲斐(ソフトバンク)が立ちはだかったケースだ。

 当然、優勝候補はソフトバンクになる。選手層の厚さに加えて、甲斐が切り札として君臨する。勝ち方を知っている軍団という印象が強い。

 ただ、ことしはオリックスに注目したい。ここには若月がいる。肩の強さは一級品で、経験を積んで投手陣からも信頼を得てきているし、打力も向上している。

 若月がリードする投手陣の充実が目を引く。金子、西が抜けた先発陣だが、実績ある山岡、アルバースに加えて、山本、榊原という20歳コンビのローテ入りが面白い。特に山本は2桁勝利も期待できる。抑えの増井は盤石だし、沢田らの中継ぎ陣も期待できる。

 打線も面白い。吉田正が不動の4番に座り、新外国人メネセスも中軸を任せられる。福田、西浦の1、2番がフルシーズン活躍できれば、他球団の脅威になる。

 ことしのオリックスは台風の目、というよりも対抗馬に挙げてもいいだろう。

【続きを読む】