2019.3.26 05:05(1/3ページ)

山梨学院、センバツ最多タイ24安打&歴代2位24点!平成最後の大会で記録的爆勝発進

山梨学院、センバツ最多タイ24安打&歴代2位24点!平成最後の大会で記録的爆勝発進

“山梨のデスパイネ”と呼ばれる野村。一回に3ランを放ち、ガッツポーズを作った (撮影・中島信生)

“山梨のデスパイネ”と呼ばれる野村。一回に3ランを放ち、ガッツポーズを作った (撮影・中島信生)【拡大】

 第91回選抜高等学校野球大会第3日(25日、甲子園)1回戦3試合が行われ、山梨学院が札幌第一(北海道)に24-5で大勝。一回に3番・野村健太外野手(3年)が3ランを放ち、一気に10点を奪うと、チームの1試合最多安打記録に並ぶ、毎回の24安打で歴代2位の24得点。平成最後の甲子園で驚異的な猛攻撃を見せた。“山梨のデスパイネ”と呼ばれる野村は、八回にも高校通算40号となるソロ本塁打を放ち、3安打5打点でパワフルな打撃を披露した。

 狙いどおりの直球をたたいた。一回2死一、二塁。野村が札幌第一の2番手、野島の外角直球を捉えた打球はバックスクリーン左に突き刺さった。高々と右手を掲げた大砲は、ゆっくりとダイヤモンドを一周した。

 「打った瞬間入ったと思った。2本目は初球から狙ったように打てた」

 手応え十分の3ラン。八回には高校通算40号となるソロ本塁打も放ち、3安打5打点と大暴れだ。入学早々に吉田監督から“デスパイネ”とニックネームを付けられた巨漢の新3年生が笑顔で振り返った。

【続きを読む】

  • 京都代表の甲子園勝利数上位5傑
  • センバツの1試合20得点以上
  • 1回、左中間に3ランを放つ山梨学院・野村=甲子園
  • 1回、左中間に3ランを放ち、ガッツポーズで一塁を回る山梨学院・野村=甲子園
  • 1回、本塁打を放つ山梨学院・菅野=甲子園球場(須谷友郁撮影)
  • 8回、中前に適時打を放った山梨学院・渡辺。チーム1試合最多記録24安打に並んだ=甲子園