2019.3.24 08:00

【黒田正宏 軍師の断】阪神・鳥谷はこの2、3年で最も状態いい

【黒田正宏 軍師の断】

阪神・鳥谷はこの2、3年で最も状態いい

特集:
黒田正宏 軍師の断
7回、安打を放つ阪神・鳥谷=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)

7回、安打を放つ阪神・鳥谷=京セラドーム大阪(撮影・門井聡)【拡大】

 (オープン戦、阪神2-4オリックス、23日、京セラ)鳥谷の2安打はもちろん素晴らしい。さらに2打席目のセーフティーバント(結果はアウト)も、3点ビハインドで先頭打者の出塁が必要という冷静な状況判断ができている。

 遊撃の守備でも、かなり深く守っていた。肩の状態がいいからこそ、の守備位置だ。それ以上に、常に全力疾走を怠らない姿勢が、本人の手応えを感じさせる。この2、3年では最もいい状態で迎える開幕になりそうだ。

 オープン戦最終の3連戦で大砲候補だったマルテが合流できない現状では、助っ人抜きの開幕オーダーも考えざるを得ない。結果を残してスタメンに名を連ねそうな木浪、近本も、やはり新人だから配慮が必要。そうなると、この日の内野布陣はかなり有力な選択肢だろう。

 木浪は、守り慣れた二遊間がいい。負担を考えると二塁がベスト。鳥谷が遊撃でこの日のような動きが見せられるのなら、この日のスタメンが3・29でも実現するのではないか。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へオープン戦日程へ