2019.3.24 05:02

燕のレジェンド健在!39歳のヤクルト・石川、開幕2戦目確実

燕のレジェンド健在!39歳のヤクルト・石川、開幕2戦目確実

石川は持ち味を存分に発揮して4回を1安打無失点。危なげなく開幕前最後の登板を終えた(撮影・野口隆史)

石川は持ち味を存分に発揮して4回を1安打無失点。危なげなく開幕前最後の登板を終えた(撮影・野口隆史)【拡大】

 (オープン戦、日本ハム0-5ヤクルト、23日、札幌D)制球、緩急、テンポが抜群-。ベテラン左腕の持ち味が詰まった濃密な4イニングだった。ヤクルト先発の石川雅規投手(39)が、4回無失点の快投。許した安打は三回の鶴岡の1本だけで、四回は3者連続三振で開幕前最後の登板を終えた。

 「いろんな球でストライクをとれた。シーズンも同様に一人一人抑えていきたい」

 封印していたカットボールを解禁し、凡打を量産。チームは5試合連続で一回に失点していたが、ベテラン左腕は一回を三者凡退で立ち上がった。初めて走者を背負った三回は中島を11球粘られながらも遊ゴロ併殺打に仕留め、予定の4回を無四球で投げ終えた。

 田畑投手コーチは「カットボールをうまく使えていた。テンポもよかったし緩急もいい。2つ目でいきます」と開幕2戦目(対阪神、京セラ)の先発を明言。小川監督も「よかったですね。しっかり投げ切れていた」とうなずいた。

 通算163勝の左腕は「シーズンまで、しっかりいい時間を過ごしたい」。プロ18年目のシーズンが、いよいよ始まる。(横山尚杜)

試合結果へオープン戦日程へ

  • 7回、安打を放つヤクルト・雄平=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 日本ハムに勝利してハイタッチを交わすヤクルト・山田哲(中央右)ら=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 9回、安打を放つヤクルト・塩見=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 8回、投球するヤクルト・マクガフ=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 5回、適時打を放つヤクルト・バレンティン=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 3回、押し出しの四球となり歩き出すヤクルト・村上=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 2回、適時内野安打を放つヤクルト・中村=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 2回、先制の適時二塁打を放つヤクルト・広岡=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 先発のヤクルト・石川=札幌ドーム(撮影・野口隆史)