2019.3.24 15:20

西武・武隈、5回3失点に反省「野手のリズムを悪くしてしまった」

西武・武隈、5回3失点に反省「野手のリズムを悪くしてしまった」

先発の西武・武隈=埼玉県所沢市(撮影・加藤圭祐)

先発の西武・武隈=埼玉県所沢市(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 西武・武隈祥太投手(29)が24日、DeNAとのオープン戦(メットライフ)に先発し、5回4安打3失点。「初回に2点を取られて野手のリズムを悪くしてしまった」と反省した。

 3月に入って、先発陣に故障者が続出し、中継ぎから急遽(きゅうきょ)先発へ回った左腕。5回1失点と好投した16日の阪神戦(甲子園)から中7日での先発となったが、「なかなか疲れが取れず、体のケアがメインでした」と明かした。

 それでも「先発陣が戻ってきても居場所がないぐらい頑張りたい…と書いておいてください」と気合は十分。武隈が開幕を前に壊滅状態のレオ投手陣の救世主となる。

試合結果へオープン戦日程へ