2019.3.23 08:00

【上田二朗 サブマリン斬り】阪神、二塁からの一気の生還どんどん狙うべきだ

【上田二朗 サブマリン斬り】

阪神、二塁からの一気の生還どんどん狙うべきだ

特集:
上田二朗 サブマリン斬り
上田二朗氏

上田二朗氏【拡大】

 (オープン戦、オリックス3x-2阪神、22日、京セラ)前日(21日)の石川(ロッテ)やこの日の山岡(オリックス)ら一線級投手相手になると、やっぱり点が入らない。ことしも投手が踏ん張っても得点力不足は全く解消できておらず、はっきり言って心配だ。

 ただ、ことしの矢野監督が目指す野球が開幕直前に垣間見えたことは評価したい。三回に打者走者が一塁でセーフになる間に、一塁から三塁を狙った木浪の走塁(結果はアウト)。五回の同様のケースで一気に三進を成功させた梅野の走塁。大砲による大量点が望めない以上、1つでも前へ、の走塁は大正解だ。

 コリジョンルールがある以上、二塁からの一気の生還もどんどん狙うべき。アウトになっても積極性を失わないこと。甲子園での戦いに最もマッチするのが足を駆使した「矢野野球」。貫いてもらいたい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へオープン戦日程へ