2019.3.23 08:00

桑田真澄氏、清原和博氏が先輩だったら「大変なことになっていた」

桑田真澄氏、清原和博氏が先輩だったら「大変なことになっていた」

桑田真澄氏

桑田真澄氏【拡大】

 プロ野球元巨人投手の桑田真澄氏(50)が、22日放送のNHKクイズバラエティー「チコちゃんに叱られる!」(金曜後7・30)にVTR出演。大阪・PL学園高時代の同級生だった清原和博氏(51)との思い出を語った。

 1968年4月1日生まれの桑田氏は、「なんで4月1日生まれは1つ上の学年になるの?」という質問で登場。「小学校に入学したときは、すごく体格差を感じた。勉強はまったく理解力が違う。母親に『なんで前の学年に行かなきゃいけないんだ』と言ったことがある」と苦労を語った。

 逆に4月1日生まれで良かったことを問われると、「よく言われるKK(コンビ)もなかったと思う。清原が先輩だったら大変なことになっていた」と苦笑い。「僕たちの時代は超縦社会だから野球をやめていたかもしれない。4月2日生まれだったら、間違いなくKKはなかったし、僕も投手として大成できなかった」と運命の巡り合わせに感謝していた。