2019.3.23 05:06(3/3ページ)

イチロー、今度こそ国民栄誉賞もらって!過去2度固辞も列島熱望

イチロー、今度こそ国民栄誉賞もらって!過去2度固辞も列島熱望

特集:
イチロー
成田空港から米シアトルに向かうマリナーズ・イチロー=成田空港(撮影・福島範和)

成田空港から米シアトルに向かうマリナーズ・イチロー=成田空港(撮影・福島範和)【拡大】

 これまでもイチローはア・リーグMVPや首位打者などに輝いた01年とシーズン最多安打記録を塗り替えた04年の2度、国民栄誉賞を打診され、いずれも固辞している。01年にはその理由を「もし、賞をいただけるのなら、現役を引退したときにいただきたい」と語っており、ユニホームを脱いだ今回は断る理由がなくなった。

 本人の了承を得られれば、政府は正式決定する運びだ。現在まで個人26人と1団体が受賞しており、イチローは13年の長嶋茂雄氏、松井秀喜氏以来、野球界から5人目の偉業となる。

 今後の動向や第2の野球人生にも注目が集まっている。野球ファンに与えてくれた感動とともに、孤高の天才打者は未来へと語り継がれる。

国民栄誉賞

 1977年に野球の本塁打世界記録を達成した巨人・王貞治内野手(当時)の功績をたたえるため、政府が創設。「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」に対して、その栄誉をたたえるために内閣総理大臣が表彰する。表彰対象には明確な基準や規定はない。受賞者には表彰状や盾のほか、記念品または金一封が贈られる。2011年にサッカー女子W杯で初優勝した「なでしこジャパン」に贈る際、団体として受賞できるように変更された。現在まで個人26人と1団体に表彰されている。

  • イチロー(右)は夫人の弓子さんを伴い、成田空港に登場。自宅のある米シアトルへ向かった(撮影・福島範和)
  • 全日空は特別に51番ゲートを用意した
  • 成田空港から米シアトルに向かうマリナーズ・イチロー=成田空港(撮影・福島範和)
  • イチローの年度別打撃成績
  • 国民栄誉賞の歴代受賞者