2019.3.23 23:01

ロッテD1・藤原、巨人・菅野との初対戦「全部すごい…」

ロッテD1・藤原、巨人・菅野との初対戦「全部すごい…」

特集:
2019新人情報
1回 二ゴロに倒れたロッテ・藤原=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

1回 二ゴロに倒れたロッテ・藤原=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=が23日、巨人とのオープン戦(東京ドーム)に「1番・中堅」で2試合連続のスタメン出場。巨人のエース・菅野との初対決は2打数0安打に抑え込まれた。

 「コントロールも、真っすぐも変化球も、全部すごかった」

 一回先頭の第1打席は、オール内角直球勝負の菅野に対して初球からフルスイングで挑んだ。「1球目から動く感じがして、変化球も来るのかと思ったので、難しかった」と2ストライクからの4球目、最後は二ゴロに倒れた。

 三回の第2打席は、変化球勝負。変化球が5球続いて2ボール2ストライクからの6球目の146キロ直球はファールにしたが、「ボールかなと思ったけど、予想以上に曲がってきて、手が出なかった。すごくいいボールでした」と最後は125キロの外角へのカーブに手が出ず、見逃し三振に終わった。

 日本を代表するエースとの対戦に藤原は「日本を代表する投手と対戦ができたので、しっかり今後に生かしていきたい」と前を向いた。

 井口監督も「セ・リーグで一番いいピッチャーを見れたということで、結果は別として対戦で自分の感覚をつかんでいければいい」と今後の成長に期待を寄せた。

試合結果へオープン戦日程へ