2019.3.23 05:02

春日部共栄のエース・村田、四国王者倒す「真っすぐの切れは、春から一番」/センバツ

春日部共栄のエース・村田、四国王者倒す「真っすぐの切れは、春から一番」/センバツ

春日部共栄の村田。いつも通りのメニューで調整した (撮影・赤堀宏幸)

春日部共栄の村田。いつも通りのメニューで調整した (撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 第91回選抜高校野球は23日、甲子園球場で開幕し、12日間(準々決勝翌日の休養日を含む)の熱戦の火ぶたが切られる。22日は開会式のリハーサルが行われた。

 23日に高松商(香川)との初戦を迎える春日部共栄(埼玉)は、兵庫・伊丹市内で最終調整。エース右腕・村田賢一投手(3年)は自信を明かした。

 「真っすぐの切れは、春から一番だと思う。振ってくる打線のクリーンアップに注意をしたい」

 チームは22年ぶり3度目の春の甲子園。村田は昨秋の関東大会決勝で敗れ、明治神宮大会出場を逃した悔しさを、成長への糧としてきた。直球の最速は145キロ。変化球の制球力を課題とし、オフに走り込んできた。

 本多利治監督(61)が謹慎(部員への暴力)の間、指揮を執る植竹幸一監督(49)=前部長=は「ここへ来て、投手陣も打線も上り調子」と、初采配に手応えを感じて臨む。 (赤堀宏幸)

試合日程へ組み合わせへ