2019.3.23 05:04(1/2ページ)

「もう一度イチローさんに投げたかった」中日・松坂が惜別の声

「もう一度イチローさんに投げたかった」中日・松坂が惜別の声

特集:
侍ジャパン
1999年5月16日、松坂はイチロー(手前)との初対戦で3三振を奪った

1999年5月16日、松坂はイチロー(手前)との初対戦で3三振を奪った【拡大】

 元米大リーグ、マリナーズのイチロー(45)=本名・鈴木一朗=の引退表明から一夜明け、イチローを慕う中日・松坂大輔投手(38)は文書で、思いを込めたコメントを発表した。

 当初は練習中のナゴヤ球場で午前10時半に会見を予定していた松坂だが「本人が『短い時間で中途半端なことは言えない』ということで中止となった」と関係者。敬愛する大先輩の引退にショックを隠せなかったが…。7時間20分後の午後5時50分。熟考に熟考を重ねた文書で、熱い言葉を綴った。

 「イチローさん、28年間お疲れ様でした。イチローさんと何度も対峙できたこと、オールスターや日の丸を背負い、同じ空間で過ごし、いろいろな話ができたこと、すべてが特別な時間でした」

 1999年5月16日。西武の高卒ルーキーだった松坂はイチロー(当時オリックス)との初対戦で3三振を奪い、「自信から確信に変わった」と話して、話題となった。同年7月6日、イチローが通算100号を放った相手も松坂だった。日米通算61打数15安打(打率・246)。2006年、09年のWBCでは、侍ジャパンを世界一へと導いた2人-。

【続きを読む】

  • レッドソックス時代にもマリナーズのイチローと対戦した
  • ナゴヤ球場で練習した松坂。思いが強すぎて…会見は中止となった(撮影・山下香)
  • 室内でキャッチボールする中日・松坂=ナゴヤ球場(撮影・山下香)
  • 室内でキャッチボールする中日・松坂=ナゴヤ球場(撮影・山下香)