2019.3.23 18:19

広島・小園、珍しくミス連発「難しさはないけど、練習と試合は違う」

広島・小園、珍しくミス連発「難しさはないけど、練習と試合は違う」

7回、キャッチャーからの牽制球でタッチアウト になった代走の広島・小園=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

7回、キャッチャーからの牽制球でタッチアウト になった代走の広島・小園=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク5-2広島、23日、ヤフオクD)走攻守で好アピールを続けていた広島のドラフト1位新人、小園(兵庫・報徳学園高)が、珍しくミスを連発した。代走で出場した七回。無死一塁から捕手の高谷にけん制で刺されると、その裏の守備では内川の飛球に目測を誤り、安打としてしまう。

 サインプレーでも周囲とかみ合わず、空回り。「難しさはないけど、練習と試合は違うので。これからしっかりと確認しないといけない」と声を落とした。緒方監督は「いろんな経験、失敗をして成長していくもの」とかばった。

広島・山田内野守備走塁コーチ(ミスが出た小園に)「人間だということ。いろいろと確認しないといけない。勉強」

バティスタ(先制の内野安打)「内野が深かったので、ゴロでいいと思った」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 7回、ソフトバンク・内川の打球を捕れず、安打にしてしまった広島・小園=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 7回、ソフトバンク・内川の打球を捕れず、厳しい表情の広島・小園=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)