2019.3.23 17:43

広島・九里、4四死球を反省「ストライクゾーンの中で勝負していかないと」

広島・九里、4四死球を反省「ストライクゾーンの中で勝負していかないと」

先発の広島・九里=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

先発の広島・九里=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク5-2広島、23日、ヤフオクD)先発枠を狙う広島の九里は5回を3失点。「四死球と無駄なものをなくし、(ストライク)ゾーンの中で勝負していかないといけない」と反省した。ジョンソンが登板を回避し、突然巡ってきた好機だったが、毎回の7安打を浴び、4四死球で95球を費やした。

 それでもコースを広く使って打たせて取り、何とか試合をつくった。「どういう立場になるか分からないが、万全で(シーズンに)入れるようにしたい」と話した。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 5回を終えてベンチに戻る広島・九里=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)