2019.3.23 05:02

オリ・田口C、草野球で「もう一回、同じユニホームを」

オリ・田口C、草野球で「もう一回、同じユニホームを」

オリックス時代、イチロー(左)と移動する田口コーチ

オリックス時代、イチロー(左)と移動する田口コーチ【拡大】

 オリックス・湊通夫球団社長(56)は22日、球団OBでもある元米大リーグ、マリナーズ・イチロー(45)の現役引退発表を受け、オリックス時代に付けた背番号「51」を永久欠番にすることを検討すると明かした。

 1992年同期入団のオリックス・田口野手総合兼打撃コーチは、引退に「虚無感」とショックを口にしたが、イチローが草野球に興味を示していることには「もう一回、一緒に同じユニホームを着て野球が出来たら楽しいだろうな。呼んでもらえるように本当に肩を作ろうかな。彼のことだから投手をやると思うので、捕手もできるように」と笑った。「誰が見ても一番偉大な選手であったことは間違いない。お疲れ様、ありがとう」とねぎらった。