2019.3.22 05:05(1/2ページ)

45歳イチロー引退…日米通算28年、記録に記憶に残る4367安打

45歳イチロー引退…日米通算28年、記録に記憶に残る4367安打

特集:
イチロー
最後の雄姿。イチローは試合後、ファンが残るスタンドに手を振り、感謝の思いを伝えた(撮影・甘利慈)

最後の雄姿。イチローは試合後、ファンが残るスタンドに手を振り、感謝の思いを伝えた(撮影・甘利慈)【拡大】

 アスレチックス4-5マリナーズ=延長十二回(21日、東京D)日米通算4367安打を誇る大打者、米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)=本名・鈴木一朗=が21日、アスレチックスとの開幕第2戦(東京ドーム)後に東京都内で記者会見し、現役引退を表明した。数々の金字塔を打ち立てたレジェンドは「9番・右翼」で先発出場し、4打数無安打で28年間のプロ生活に幕を下ろした。試合は延長十二回、5-4でマ軍が勝ち、日本開幕シリーズを2連勝で終えた。

 いつまでも、ファンはスタンドを離れなかった。深夜の東京ドーム。20分以上も「イチローコール」が続く中、イチローは再びグラウンドに現れ、母国のファンに万感の表情で両手を振った。

 「きょうのゲームを最後に日本で9年、米国で19年目に突入したところだった現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました」

 平成という一時代を多くの記録と記憶で彩ってきた天才打者が、バットを置く。イチローは試合後の記者会見で28年間のプロ生活を終え、現役を退くことを表明した。

 最後の瞬間は八回裏に訪れた。一度右翼に就いたが交代を告げられ、総立ちの大観衆から大きな拍手を送られながら引き揚げた。ベンチ前に戻った同僚と一人ずつ抱き合い、ケン・グリフィー氏(49)やスタッフとも固い握手を交わした。公式戦では異例の光景が、45歳が成し遂げてきた偉業の証しだった。

 メジャー19年目、7年ぶりの日本での2試合を「特別な開幕」と表現し凱旋(がいせん)した。引き際を決めたのは帰国前の今月10日。インディアンスとのオープン戦後にジェリー・ディポト・ゼネラルマネジャー(GM、50)とキャンプ施設の2階で会談し、決断を伝えた。

 「日本でプレーするところまでが契約上の予定だった。キャンプ終盤でも結果を出せず、それを覆すことができなかった。最低50歳まで(現役)と本当に思っていたし、有言不実行になってしまったけど、言わなかったら、ここまで来られなかった」

【続きを読む】

  • イチローは八回も右翼の守備に就いてから交代。ベンチ前で待つ、チームメートの一人一人と抱き合った(撮影・荒木孝雄)
  • 八回の最後の打席は遊ゴロ。快足を飛ばしたが一歩届かなかった(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、打席に立つマリナーズ・イチロー=東京ドーム(撮影・甘利慈)