2019.3.22 05:04(1/2ページ)

雄星、憧れの人の胸で号泣…レジェンド去る日に第一歩 イチロー「頑張れよ」

雄星、憧れの人の胸で号泣…レジェンド去る日に第一歩 イチロー「頑張れよ」

特集:
菊池雄星
イチロー
菊池は八回に交代を告げられてベンチへ戻ってきたイチロー(中央)に抱きついた(撮影・福島範和)

菊池は八回に交代を告げられてベンチへ戻ってきたイチロー(中央)に抱きついた(撮影・福島範和)【拡大】

 アスレチックス4-5マリナーズ=延長十二回(21日、東京D)西武からポスティングシステムでマリナーズに移籍した菊池雄星投手(27)は21日、アスレチックスとの開幕2戦目に先発し、大リーグデビューを飾った。日本投手の日本でのメジャー初登板は史上初。4回2/3を投げ、4安打2失点(自責点1)とまずまずの内容にまとめたが勝敗は付かなかった。最初で最後の“共演”となったイチロー外野手(45)の交代時には、惜別の涙を見せた。

 あふれる涙をこらえられなかった。三塁ベンチ前。菊池は「頑張れよ」と声を掛けられ、憧れの人の胸でむせび泣いた。

 「幸せな時間でした。イチローさんは日本で(開幕戦を)やることをギフトと言っていましたが、僕にとってはイチローさんとプレーできた時間が最高のギフトでした」

 試合後の記者会見で熱い思いを表した。イチローの現役引退に関する質問が出ると言葉に詰まり、1分間ほど沈黙した。

 最初で最後の“共演”。岩手・花巻東高時代から目標にしてきたメジャーの舞台での初マウンドは、忘れられない思い出に彩られた。四回には昨季の本塁打王、デービスに150キロの直球を2球続け、最後はスライダーで三邪飛に仕留めた。次打者の右翼線へ切れる打球を捕ったイチローをベンチ前で迎え、拳とグラブを合わせた。

【続きを読む】

  • 菊池は五回途中まで2失点。初白星は逃したが、上々のデビューを飾った
  • 5回途中で降板するマリナーズ先発・菊池雄星
  • 「YUSEI」のボードを掲げるマリナーズ・菊池の応援団