2019.3.22 05:04(1/2ページ)

WBC連覇立役者・イチロー待望論!東京五輪でも侍ジャパン救って

WBC連覇立役者・イチロー待望論!東京五輪でも侍ジャパン救って

特集:
侍ジャパン
WBCニュース
会見するマリナーズ・イチロー=東京ドームホテル(撮影・荒木孝雄)

会見するマリナーズ・イチロー=東京ドームホテル(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 日米で大きな金字塔を打ち立てた米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)。野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では大リーガーとして2006、09年に出場し、日本の2連覇に大きく貢献した。国際経験豊かな安打製造機に対し、日本の球界関係者の間では金メダルを目指す20年東京五輪へのサポートを求める声がある。

 21日のアスレチックス戦を最後に、現役引退を発表したイチロー。気になるのは今後だが、2020年東京五輪金メダルへのサポートを望む声が球界の一部で上がっている。

 侍ジャパンの指揮を執るのは稲葉監督。同じ愛知県出身で、少年時代に同じバッティングセンターに通った仲だ。イチローより1歳上の稲葉監督は17年WBCで日本の打撃コーチを務め、米国投手の攻略法をメールで相談したことがあるという。

 昨年5月に行われた東京五輪の応援イベントに参加した際には「イチロー選手にはどんどん聞いていきたい」と助言を求める考えを示唆。さらに「願望を押しつけるわけにもいかない」とした上で協力に期待していた。

【続きを読む】