2019.3.21 14:18

堀内恒夫氏、巨人・畠は「体型からはイメージできないかもしれんけど…」

堀内恒夫氏、巨人・畠は「体型からはイメージできないかもしれんけど…」

堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 巨人は20日、日本ハムとのオープン戦(甲府)で6-3で勝利。先発の畠世周投手(24)は6回106球を投げ、7安打3失点。直球が高く浮く場面もあり「もっと低めに投げたかった。直球の精度を上げたい」と課題を挙げた。これまではファームで調整してきたが、開幕ローテーション候補に急浮上した。

 元巨人監督の堀内恒夫氏(71)は21日、ブログで畠について「無四死球、これがいい。もともとコントロールがいいからこれが出来る。3失点も合格圏内ですな」と評価。「彼は、球に力のあるピッチャーでね 体型からはイメージできないかもしれんけど(笑) 球の力で抑えられるタイプでさ もっと出て来てくんなきゃ おかしいくらいなんだよね」と今後に期待を寄せた。

 「去年は腰やっちゃって後半から中継ぎで出てきたけど 体とスタミナが問題なきゃ先発でビシビシと投げてもらいたい」とエール。「本来であれば、そういうピッチャーで資質として高いレベルにある1人ですよ。畠くん今シーズンのキーマンとして チーム事情でどこで投げるかはおいといて 故障なく1年を通してビシビシと投げてもらいたい」と奮起を促していた。