2019.3.20 13:00

【球界ここだけの話(1569)】巨人・菅野が挑む偉大な記録 3・29に5度目開幕投手

【球界ここだけの話(1569)】

巨人・菅野が挑む偉大な記録 3・29に5度目開幕投手

特集:
菅野智之
サンスポ記者の球界ここだけの話
開幕投手を務める巨人・菅野

開幕投手を務める巨人・菅野【拡大】

 3月29日-。今年のプロ野球のレギュラーシーズンが開幕する。巨人の相手は、セ・リーグ3連覇中の王者、広島。開幕投手を務めるのはほかでもない、エース・菅野智之投手(29)だ。

 「いいスタート切れればいいですし、去年あまり勝てていないマツダでのスタートになる。そこで勝てば、チーム的にも勢いに乗ると思う。だから143分の1と捉えるんじゃなくて、本当に大きい試合になるなと位置づけていて、それだけの覚悟とプレッシャーは感じて、あのマウンドに上がるつもりではいます」

 覚悟、重圧。それを背負って臨む2年連続5度目の開幕マウンド。菅野には大きな記録達成がかかっている。ここまで開幕戦は4試合で3勝1敗。4勝目を挙げれば、別所毅彦、斎藤雅樹に並ぶ球団タイ記録となる。チームとしても、個人としても、1年間のスタートとなる大事な一戦で、偉大な投手たちに肩を並べる可能性がある。

 別所毅彦といえば、南海時代の1947年にシーズン47完投のプロ野球記録を樹立。巨人に移籍後も最多勝に輝くなど、通算310を挙げた。斎藤雅樹は通算180勝右腕で最多勝に5度、最優秀防御率に3度、最多奪三振に1度輝き、沢村賞を3度も受賞した80、90年代の巨人を支えたエース。11試合連続完投勝利を挙げ、3年連続で開幕戦に完封勝利を記録するなど「平成の大エース」と呼ばれた。

 菅野にとって、斎藤雅樹は特別な存在でもある。「斎藤さんは、そういう記録にも敏感に反応してくれました。3試合連続完封したときも、斎藤さんに並んで、シーズン8完封で斎藤さんを超えたときも『おめでとう』と言ってくれましたし。すごく遠い存在ではあるけど、近くで褒めてくれた存在なので。並べられるかは分からないけど、何とか肩を並べたいという気持ちはどこかにはあるのかもしれない」と菅野。入団時から、投手コーチや2軍監督として関わってきた偉大な先輩に並ぶ日が来るかもしれない。

 今春のキャンプから、順調に調整を進めてきた背番号18。3月29日の一戦に大きな注目が集まる。(赤尾裕希)