2019.3.20 12:19

右有鉤骨の骨折の日本ハム・清宮がネットスロー

右有鉤骨の骨折の日本ハム・清宮がネットスロー

特集:
清宮幸太郎
右有鉤骨の骨折で戦列を離れている日本ハム・清宮は復帰に向けて軽めのネットスローを行った=千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアム室内練習場(撮影・山口泰弘)

右有鉤骨の骨折で戦列を離れている日本ハム・清宮は復帰に向けて軽めのネットスローを行った=千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアム室内練習場(撮影・山口泰弘)【拡大】

 右有鉤(ゆうこう)骨の骨折で戦列を離れている日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)が20日、千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアム室内練習場で、復帰に向けてネットスローを行った。

 約3メートル離れたネットめがけて送球。テーピングを施した右手に配慮しながら時間にして約10分、軽めに投げて感触を確かめた。

 2軍は同スタジアムでイースタン・リーグ公式戦の日本ハム戦。清宮は試合の前練習で、三塁に就いてノックを受けた。

  • 復帰に向けて軽めのネットスローを行った日本ハム・清宮=鎌ケ谷スタジアム室内練習場(撮影・山口泰弘)
  • 三塁に就いてノックを受けた日本ハム・清宮=鎌ケ谷スタジアム(撮影・山口泰弘)
  • 三塁に就いてノックを受ける日本ハム・清宮=鎌ケ谷スタジアム(撮影・山口泰弘)