2019.3.20 05:03

広島・緒方監督、初3番の安部V2ランも「3番固定しない」

広島・緒方監督、初3番の安部V2ランも「3番固定しない」

安部は初3番でアーチをかけるなど大アピール。しかし、緒方監督は“固定しない”って…

安部は初3番でアーチをかけるなど大アピール。しかし、緒方監督は“固定しない”って…【拡大】

 (オープン戦、ヤクルト3-4広島、19日、神宮)広島・緒方孝市監督(50)は、丸佳浩外野手(29)が巨人へ移籍して空いた3番を固定しない方針を明かした。この日は3番に初起用した安部友裕内野手(29)が五回に決勝2ランを放つも「グルグル回してやる。固定もしない」と宣言した。

 昨季、ブキャナン相手に9打数3安打と好相性だった安部を、オープン戦で初めて3番で起用。1点を追う五回1死三塁で右翼へ1号逆転2ランを放って“ポスト丸”をアピールしたが、将は打順の固定を否定した。

 リーグ3連覇の原動力だったタナキクマルが解体。坂倉、西川、田中広、安部を3番で起用してきたが、シーズンに入っても日替わりオーダーで臨む考えだ。

 「1番、2番が塁に出ていれば、3番は誰が入ってもいい。投手との相性や状態によって変えてもいいと思っている」と東出打撃コーチが指揮官の胸の内を代弁。チームは試合のなかった楽天を抜き、オープン戦単独首位に浮上した。リーグ4連覇へ、丸の穴を全員野球で埋める。 (柏村翔)

五回に決勝2ランを放った広島・安部「打ったときの感触は完璧ではなかったが、カーブに反応できて良かったです」

試合結果へオープン戦日程へ