2019.3.18 13:39

日本ハム・斎藤、ア軍戦で一発浴びる「もっと慎重に投げればよかったと反省」

日本ハム・斎藤、ア軍戦で一発浴びる「もっと慎重に投げればよかったと反省」

2回、アスレチックス・ピスコティにソロ本塁打を浴びる日本ハム・斎藤佑=東京ドーム(撮影・福島範和)

2回、アスレチックス・ピスコティにソロ本塁打を浴びる日本ハム・斎藤佑=東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 日本ハム・斎藤佑樹投手(30)が18日、米大リーグ、アスレチックスとのプレシーズンゲーム(東京ドーム)に先発し、2回1安打1失点だった。

 一回は無失点。二回に昨季27本塁打の右打者、スティーブン・ピスコッティ外野手(28)に左翼席中段に先制ソロを浴びた。一死後に四球を与えたが、後続を断ち、31球で降板した。

 斎藤は「ホームランを打たれた球は失投でした。もっと慎重に投げればよかったと反省しています。コースというより指のかかりが弱かったですね」。2四球を出したことに「もっと四球を少なくしないと。きょうはストライクゾーンで勝負できたところ、できなかったところがあるので、そこを次の登板の課題にしたい」と話した。

試合結果へ

  • 2回アスレチックス・ピスコティから左越え本塁打を浴びた日本ハム・斎藤=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 先発した日本ハム・斎藤佑=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)