2019.3.18 17:25

DeNA・南場オーナー、横浜市長を表敬訪問「ここから先は監督に頑張ってもらって…」

DeNA・南場オーナー、横浜市長を表敬訪問「ここから先は監督に頑張ってもらって…」

横浜市役所を訪れ、記念写真に収まる(左から)DeNAのラミレス監督、林横浜市長、南場オーナー=横浜市中区(撮影・蔵賢斗)

横浜市役所を訪れ、記念写真に収まる(左から)DeNAのラミレス監督、林横浜市長、南場オーナー=横浜市中区(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 DeNAの南場智子オーナー(56)、アレックス・ラミレス監督(44)らが18日、横浜市庁舎で林文子横浜市長を表敬訪問した。

 南場オーナーは改修工事が進み、右翼上部の「ウィング席」などが新設された横浜スタジアムについて「本当に素晴らしいビュー(景色)で、横浜の新名所になることは間違いないと思います」と力説。林市長も「付加価値のある球場はとても楽しみです。市としても、できることは支援させていただきます」とバックアップを約束した。

 また南場オーナーは、今年が球団創設70周年、球団の親会社のディー・エヌ・エーも20周年を迎えることから、「節目でもあるので、ここから先はラミレス監督に頑張ってもらって…。(横浜市からの)多大なる支援の恩返しは、ファンの胸がわき躍る試合を見せていただきたいですね」と隣にいたラミレス監督をチラリ。これには指揮官も「ハイ、ガンバリマス」と大きくうなずいていた。

  • 林横浜市長への表敬訪問を終え、取材に応じるDeNAの南場オーナー、ラミレス監督=横浜市中区(撮影・蔵賢斗)