2019.3.17 18:11

阪神・矢野監督、難条件で5回1失点の西に「文句ない。内容のレベルすごく高い」

阪神・矢野監督、難条件で5回1失点の西に「文句ない。内容のレベルすごく高い」

1回、雨で試合が中断となり、苦笑いでベンチに戻る阪神・西=甲子園球場(撮影・松永渉平)

1回、雨で試合が中断となり、苦笑いでベンチに戻る阪神・西=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 (オープン戦、阪神7-3西武、17日、甲子園)阪神の西は5回1失点。低めに集めて強打の山川、森には仕事をさせなかったが、失点した五回は自らの悪送球でピンチを広げ「最後が悪過ぎますね。今の時期は結果より内容が大事」と反省が口を突いて出た。

 雨が強くなるなどし、2度の中断を挟んだ。それでもオリックスから加入した実力者は、屋外球場を本拠地とするチームでプレーするとあって「悪天候はウエルカム。なかなか体験できないこと。いい勉強になった」と前向きに捉えていた。

矢野監督(西に)「文句ない。内容のレベルはすごく高い」

木浪(2安打2打点。オープン戦で初めて四球を選び)「四球を取れたのが良かった。ちゃんとボールを見られた」

近本(三回、バント安打でチャンスを広げ)「大量得点につながって良かった」

能見(1回無失点)「いろいろ試しながらやりたい」

ドリス(九回に登板し無失点)「自分の投球を心掛けた」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・岡田茂)