2019.3.17 08:00

【八木裕 神眼スコープ】阪神・大山よ、凡打の内容も問われるのが4番

【八木裕 神眼スコープ】

阪神・大山よ、凡打の内容も問われるのが4番

特集:
八木裕 神眼スコープ
3回、併殺打に倒れる阪神・大山=甲子園球場(撮影・岡田茂)

3回、併殺打に倒れる阪神・大山=甲子園球場(撮影・岡田茂)【拡大】

 (オープン戦、阪神1-5西武、16日、甲子園)クリーンアップをこの並びでいくとなると、大山次第で得点能力は変わってくる。だからこそ気になったことがある。

 1つはバックスイングを始めるのが早く、大きすぎると感じる。早くタイミングをとればいいわけではない。相手がクイックでもワインドアップでも、同じタイミング、大きさでバックスイングすることが理想。今は大きすぎて、自分が打ちたい形になるまで時間がかかってしまう。この日は左足を早く上げすぎて、一度、つくシーンもあった。工夫して欲しい。

 もう1つは、凡打の内容だ。三回1死満塁で初球に詰まって三ゴロ併殺。積極性は悪くない。ただ同じ凡打でも、あの打球は4番としてはいただけない。「体頭心」が充実し、準備万端だったのか。凡打の内容も問われるのが4番。4番としての“器”が試される。

 ルーキーでも、木浪は構えからのバックスイングがシンプルで、色々なボールに合いそうに見える。近本は三回の初球カーブをとらえた適時打など、狙い球を決めて打っている。2人は大山と同じ年齢。話をしてみてもいいかもしれない。もちろん簡単には4番の力は備わらない。日々勉強。少しずつ成長していって欲しい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へオープン戦日程へ