2019.3.17 18:59

イチロー、ゴールド・グラブ賞10度の実力を披露 右翼後方の飛球をランニングキャッチ

イチロー、ゴールド・グラブ賞10度の実力を披露 右翼後方の飛球をランニングキャッチ

特集:
イチロー
1回 右翼守備につくマリナーズ・イチロー=東京ドーム(撮影・矢島康弘)

1回 右翼守備につくマリナーズ・イチロー=東京ドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)が巨人とのプレシーズンマッチに「9番・右翼」で出場し、3打数無安打だった。米アリゾナ州で行われてたオープン戦と合計し、これで21打席連続無安打。それでも、好守で満員となった東京ドームの観衆をわかせた。

 「今日しか(観戦に)来られない人がたくさんいたと思うし、結果、出したかったね。でも、いい雰囲気。すごくいい感じです。感激しました。いい、すごくいい。東京のファンも最高」

 一回1死で坂本の右翼後方の飛球をランニングキャッチ。大リーグでゴールド・グラブ賞10度の実力を披露した。打撃では中飛、遊ゴロ、二ゴロ。イチローが動けば、スタンドのファンも大挙して移動するというフィーバーぶり。スーパースターの一挙手一投足に注目が集まる一戦だった。