2019.3.17 05:00(1/2ページ)

【GoodLuckイチロー(上)】盟友イチローへケン・グリフィーJr.氏エール

【GoodLuckイチロー(上)】

盟友イチローへケン・グリフィーJr.氏エール

特集:
イチロー
2016年に米野球殿堂入りしたグリフィー氏(左)はこの日の練習を視察。イチローと談笑した (AP)

2016年に米野球殿堂入りしたグリフィー氏(左)はこの日の練習を視察。イチローと談笑した (AP)【拡大】

 サンケイスポーツでは凱旋(がいせん)帰国したマリナーズのイチロー外野手(45)について、縁の深い人物を直撃。天才打者の素顔やエピソードを聞いた。第1回(全3回)は21日の開幕第2戦で始球式に登場するケン・グリフィー・ジュニア氏(49)。107試合の出場をノルマとして課し、盟友ならではのエールを送った。

 イチローと初めて会ったのは1990年代の半ばだから、もう20年以上も前か。99年に彼がマリナーズのキャンプに来て、初めて同じ時間を過ごした。その後、(自身の移籍で)2009年までチームメートになることはなかったけど、ずっと連絡を取り合ってきた。俺が、(10年に)引退してからもね。

 イチローにはここに立つ権利がある。周りが何と言おうと気にすることはない。勝ち取ったんだ。誰も文句なんていえない。後は、純粋に楽しめばいい。

 彼には今季、107試合プレーしろと言った。別にそこに根拠はないけどね。心から野球を楽しめばいい。これまでは色んなものを背負ってきた。その時は見えなかった景色が見えるかもしれない。自分も最後にシアトルで過ごしたときは、景色が違った。彼には先日、そのことを伝えた。

【続きを読む】