2019.3.17 05:05(1/3ページ)

イチロー、逆襲宣言!「今の自分が持てる技術をみせる」7年ぶり日本で雄姿

イチロー、逆襲宣言!「今の自分が持てる技術をみせる」7年ぶり日本で雄姿

特集:
イチロー
イチローはフリー打撃で28スイング中、10本の柵越え。45歳のパワーにチームメートや関係者は驚がくした (撮影・矢島康弘)

イチローはフリー打撃で28スイング中、10本の柵越え。45歳のパワーにチームメートや関係者は驚がくした (撮影・矢島康弘)【拡大】

 米大リーグ、マリナーズは16日、アスレチックスと対戦する開幕2連戦(20、21日)を前に東京ドームで公式練習を行った。7年ぶりに母国で公式戦に出場するイチロー外野手(45)はフリー打撃で28スイング中、10本の柵越えを放つなど、健在ぶりを披露。オープン戦で打率・080と苦しんだ天才打者は、記者会見で「今の自分が持てる技術をみせたい」と凱旋(がいせん)試合での逆襲を“予告”した。マ軍は17日にプレシーズンゲームの巨人戦に臨む。

 漆黒のバットから放たれる打球は、東京ドームのフェンスを次々に越えた。イチローが快音を響かせるたびに、カメラのシャッター音が響き、チームメートから「ワァオ!!」「フゥ~」と、はやし立てる声が上がった。日米通算28年目を迎えたレジェンドが、まずはパワーで健在ぶりを示した。

 「場所が変わって、大好きな日本でプレーするということで、気持ちもまた変わりますし、今の自分が持てる技術をみせたいです」

 会見後の公式練習では、フリー打撃や守備練習で調整。28スイングで5連発を含む10本の柵越えを放つ“イチロー・ショー”で、オリックス時代に通算打率・382とハイアベレージを残した球場で見守った関係者を驚かせた。

【続きを読む】

  • グラウンドに登場したイチローは、招待された野球少年たちに囲まれた(撮影・福島範和)
  • 打撃練習で詰まった打球に手を痛がるマリナーズ・イチロー=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 打撃練習中にライトの守備位置につき、背面キャッチするマリナーズのイチロー=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 来日会見を行うマリナーズのイチロー=東京ドームホテル(撮影・矢島康弘)
  • 2008年のイチロー
  • 来日会見でフォトセッションに応じる(左から)マリナーズ・イチロー、サービス監督、菊池=東京ドームホテル(撮影・矢島康弘)
  • 来日会見を行うマリナーズ・イチローと菊池(右)=東京ドームホテル(撮影・矢島康弘)
  • 来日会見を行うマリナーズ・イチローと菊池(右)=東京ドームホテル(撮影・矢島康弘)
  • マリナーズの来日メンバー