2019.3.17 14:34

PL学園が練習試合でユニホーム復活、清水哲監督「変な野球はできないので」

PL学園が練習試合でユニホーム復活、清水哲監督「変な野球はできないので」

試合後、記念撮影するPL学園OBと羽曳野懐風館OB(左奥)=懐風館高校(撮影・門井聡)

試合後、記念撮影するPL学園OBと羽曳野懐風館OB(左奥)=懐風館高校(撮影・門井聡)【拡大】

 マスターズ甲子園2019大阪府予選に出場するPL学園高が17日、大阪・羽曳野市の懐風館高グラウンドで懐風館高と練習試合を行い、20-7で勝利した。

 初実戦から3試合目にして初めてユニホームが用意され、胸部分には「PL GAKUEN」の文字がきらびやかに浮かんだ。試合前には背番号も手渡され、選手たちは現役当時に戻ったように満面の笑顔で受け取っていた。

 試合でもさすがは強豪だ。一回から打線が爆発し、プレーボールからわずか5球目に適時打が飛び出すとその後も勢いは止まらず一挙9点を先制。時間の関係で八回を持って“コールド勝ち”となったが、二回以外は毎回、得点を重ねてみせた。

 懐かしいユニホームに袖を通しての快勝に清水哲監督は(52)は「変な野球はできないので。僕らも現役のころは公立校とやるとこれぐらいの点差で勝つことがあったが『相手に失礼だから手を抜かずにやれ』と言われてきた。しっかりと点を取りにいきました」と納得の快勝だった。

  • マスターズ甲子園を前に、PL学園OBと羽曳野懐風館OBが練習試合。試合前、背番号を受け取るPL学園OBの選手たち=大阪府羽曳野市の懐風館高校(撮影・門井聡)
  • マスターズ甲子園を前に、PL学園OBと羽曳野懐風館OBが練習試合。試合前、背番号を受け取るPL学園OBの選手たち=大阪府羽曳野市の懐風館高校(撮影・門井聡)
  • マスターズ甲子園を前に、PL学園OBと羽曳野懐風館OBが練習試合。4回、3点本塁打を放つ足立和也=大阪府羽曳野市の懐風館高校(撮影・門井聡)
  • マスターズ甲子園を前に、PL学園OBと羽曳野懐風館OBが練習試合。4回、3点本塁打を放った足立和也(左)とタッチを交わすPL学園OBナイン=大阪府羽曳野市の懐風館高校(撮影・門井聡)
  • マスターズ甲子園を前に、PL学園OBと羽曳野懐風館OBが練習試合。勝利したPL学園OBナイン。左手前は清水哲監督=大阪府羽曳野市の懐風館高校(撮影・門井聡)