2019.3.17 05:04(1/2ページ)

ソフトバンクD1・甲斐野、初Sで開幕1軍当確!150キロ台連発157キロも出た

ソフトバンクD1・甲斐野、初Sで開幕1軍当確!150キロ台連発157キロも出た

特集:
2019新人情報
初めての抑えで三者凡退の甲斐野。持ち味の剛速球を連発した(撮影・斎藤浩一)

初めての抑えで三者凡退の甲斐野。持ち味の剛速球を連発した(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (オープン戦、DeNA1-4ソフトバンク、16日、横浜)ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央投手(22)=東洋大=がDeNA戦(横浜)で九回に5番手で登板。自慢の速球が157キロを計時するなど三者凡退に抑え、開幕1軍が決定的となった。

 ハイタッチの中心で、感激を我慢するような遠慮がちな笑顔が新鮮だ。ソフトバンクのD1位・甲斐野央投手(東洋大)が“プロ初セーブ”で1軍当確ランプを灯した。

 「いい経験をさせてもらいました。(九回を)1度くらいやってみたかったし、よかったです」

 3点リードの九回に、代打・神里、山下、代打・佐野をすべて二ゴロで締めた。「変化球が悪かったけど、直球で内野ゴロに仕留められてよかった」。12日の巨人戦(北九州)でゲレーロに2ラン。「1球への思いが強くなった」と、その後は2試合連続の三者凡退。14球のうち10球の直球は、すべて155キロ以上で157キロも計時した。

 ただ、工藤監督は少し苦笑い。「ちょっと力んでいますね」。その第一声に本音を続けた。「(1軍に)残れるか残れないかというところでやっているんだろうけど、今までの球や成績をみても、1度打たれただけ。執着せずに自分の球を投げてくれたら、いい結果につながると思う」。開幕1軍について「と思っています」と認めた。

【続きを読む】

  • 試合を締めた甲斐野(20番)を迎える工藤監督(中)。開幕1軍起用を認めた
  • 9回、好投するソフトバンク・甲斐野=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • セーブを挙げタッチをかわすソフトバンク・甲斐野(中央、20)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 試合に勝ち、タッチするソフトバンク・甲斐野ら=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 1回、DeNA・ソトの打席で、一走の桑原を刺す捕手のソフトバンク・甲斐=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 3回、先制3点本塁打を放ちポーズを決めるソフトバンク・グラシアル=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 3回、3点本塁打を放つソフトバンク・グラシアル=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 6回から2番手で登板し、1回無失点だったソフトバンク・加治屋=横浜
  • 5回、適時打を放つソフトバンク・牧原=横浜スタジアム(撮影・中井誠)
  • 7回、選手交代を告げるソフトバンク・工藤監督(右)=横浜スタジアム(撮影・中井誠)