2019.3.17 22:18

日本ハム・有原、制球苦しみ4失点「苦しいリズムで良くない投球になった」

日本ハム・有原、制球苦しみ4失点「苦しいリズムで良くない投球になった」

先発の日本ハム・有原=東京ドーム(撮影・今野顕)

先発の日本ハム・有原=東京ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 (プレシーズンゲーム、日本ハム-アスレチックス、17日、東京D)日本ハムの有原は4回7安打4失点と苦しんだ。一回、1番打者のグロスマンにいきなり右中間へ三塁打を許して簡単に先制点を奪われると、ボールが先行した三回には5連続長短打を浴びて3点を失った。「苦しいリズムで良くない投球になってしまった」とうなだれた。

 球速は150キロを超えるなど球に勢いはあったが、一回と二回にともに2四球を与えるなど修正できなかった。「丁寧に低めに制球することを意識しないといけないと思っていたが、うまくいかなかった」と反省した。

試合結果へ

  • 1回、アスレチックスに先制され、厳しい表情の日本ハム・栗山監督。手前はベンチに戻る先発の有原航平=東京ドーム(撮影・福島範和)