2019.3.17 15:14

復帰のDeNA・筒香がオープン戦1号弾、ハマスタ新設席へも記念の初弾

復帰のDeNA・筒香がオープン戦1号弾、ハマスタ新設席へも記念の初弾

特集:
筒香嘉智
1回、先制右適時打を放つDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

1回、先制右適時打を放つDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 左ふくらはぎの張りから復帰したDeNAの主砲・筒香嘉智外野手(27)が17日のロッテ戦(横浜)でオープン戦1号弾を放った。

 2点差に追い上げられた六回2死走者なしから、ロッテ二番手・酒居の145キロ直球を自信を持って振り抜き、右翼席へと運んだ。着弾地点は、今季から地上約30メートルの新スタンドに設置された「ウィング席」(約3500人収容)で16日のソフトバンク戦にオープンしたばかり。同席への本塁打も記念すべき1号弾となる。

 一回の第1打席では、1死一、三塁の好機に有吉の低めのシュートを捉え右前適時打。復帰初戦だった前日は2打数無安打に終わっていたため、筒香の安打は2月24日広島戦(宜野湾)以来となる。ラミレス監督は試合前、「もう大丈夫でしょう。彼のコンディション次第ですがきょうは2、3打席立てる」と話しており、十日余りとなった開幕へ上り調子を証明した形となった。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 6回、右本塁打を放ちロペス(左)とタッチをかわすDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)