2019.3.16 14:40

阪神・糸井、2019年初実戦で1安打1四球「生きたボールをみれたのでよかった」

阪神・糸井、2019年初実戦で1安打1四球「生きたボールをみれたのでよかった」

特集:
糸井嘉男
3回、安打を放つ阪神・糸井=甲子園球場(撮影・松永渉平)

3回、安打を放つ阪神・糸井=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神・糸井嘉男外野手(37)が16日、西武戦(甲子園)に「3番・右翼」で先発し、2019年初実戦の場に立った。

 一回2死走者なしで迎えた第1打席は四球を選び、1-0の三回1死一、二塁で西武先発・武隈の123キロを中前へ弾き返し、さっそく今季初安打を刻んだ。

 この日は1安打1四球で、4回の守備からベンチに下がった糸井は「きょうはもう(打席に)立てただけで、生きたボールをみれたのでよかったです。2打席目はいいスイングをしようと思って」と明るい表情で振り返った。

 矢野監督が3番起用を見込んでいる虎の超人は実戦一発目からきっちり結果を残し、開幕を見据えてさらに状態をあげていく。