2019.3.16 05:03(1/3ページ)

阪神弟、大学生に1-0で視察の矢野監督が喝!いい打撃内容見せて

阪神弟、大学生に1-0で視察の矢野監督が喝!いい打撃内容見せて

大西(手前)の前に内野ゴロに倒れる中谷。アピールが必要な若虎たちが沈黙した(撮影・山田喜貴)

大西(手前)の前に内野ゴロに倒れる中谷。アピールが必要な若虎たちが沈黙した(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (練習試合、阪神1-0大商大、15日、鳴尾浜)若手のアピール、モノ足りない-。阪神・矢野燿大監督(50)は15日、甲子園での1軍練習後に2軍の大商大との練習試合(鳴尾浜)を視察。1軍生き残りを目指す若手野手に熱視線を送ったが、今秋のドラフト候補右腕、大西広樹投手(21)に5回2安打0封の快投を許すなど、1-0の薄氷勝利。「もうちょっと、いい内容のバッティングを見たかった」と不満を漏らした。

 相手がドラフト候補でも関係ない。秋の話は秋にすればいい。“この春”の戦いがまだ続いているからこそ、矢野監督は凡打を繰り返す若虎の姿が寂しかった。1軍生き残り、開幕レギュラーを目指す身ならば「内容」を見せてほしかった。

 「最初の投手(大商大・大西)は変化球を結構うまく投げるし、コントロールも良かった。簡単に初めての対戦でボンボン打てるかっていうと、まあ(難しさは)あるかもしれないけど。対応というか内容がね。もうちょっと、いい内容のバッティングを見たかったなっていうのはあるよね」

【続きを読む】

  • 試合を視察した矢野監督も厳しい表情だ
  • 7回、ネット裏ブースで視察する阪神・矢野監督=鳴尾浜球場(撮影・山下香)