2019.3.16 05:00

阪神・藤浪、鳴尾浜での2軍全体練習に初合流

阪神・藤浪、鳴尾浜での2軍全体練習に初合流

特集:
藤浪晋太郎
ノックを返球する阪神・藤浪=兵庫県西宮市の兵庫医科大学総合グランド(撮影・山下香)

ノックを返球する阪神・藤浪=兵庫県西宮市の兵庫医科大学総合グランド(撮影・山下香)【拡大】

 阪神・藤浪は15日、鳴尾浜での2軍の全体練習に初合流し、約3時間、汗を流した。前回12日の中日戦(ナゴヤドーム)では4回無安打も課題だった制球が乱れ、4四死球で1失点。「感触と内容が悪すぎる。自分自身がっかりというか…」と話した試合後、矢野監督らと話し合い、2軍での再調整が決まった。

 この日はキャッチボールやダッシュなどを行った後、安藤2軍育成コーチと話し込む場面も。ブルペンにも入り、キャッチボールをしてフォームの確認を行った。昨年まで1軍で藤浪を指導していた香田2軍投手コーチは「本人の感覚が大事なので、コーチと意見交換しながらやっていこうと思います」とコメント。当面は2軍での実戦登板の予定は立てず、練習をしながら様子を見ていく方針だ。